沖縄のダイビングの魅力は多くの魚に出会えること

沖縄でダイビングを行うときに、遭遇したい魚はどのような魚でしょうか。

沖縄は小さな魚から、大きな魚まで驚くほど多くの魚を目にすることができます。

シーズンによってまちまちですが、ベストシーズンになれば魚の大群や産卵の様子までもダイビングで目撃することも少なくありません。

中でも沖縄の海で人気があるのがマンタでしょう。川平石崎マンタスクランブルは、世界でもマンタに遭遇できる確率がとても高いポイントとして知られています。それほど沖縄はマンタが多く生息している場所ということです。

また、マンタはシュノーケリングでも確認することができます。マンタは浅瀬に洗われることも珍しくなく、浅い海をのんびり泳いでいるマンタに遭遇すると間違いなく感動できるはずです。

また、大きな魚を多く見ることができるダイビングポイントとして有名なのが運瀬でしょう。水深がとても深いポイントですが、ロウニンアジやイソマグロなどの大型の魚を近くで見ることができるスポットとして人気があります。

この運瀬は、水深が深いことや潮の流れが複雑に絡み合っているということから中級者以上のダイビング経験が必要になる場所です。

ダイビングの能力が向上していくにつれ、遭遇できる魚などが増えてくるという楽しみ方があるのも沖縄でのダイビングの楽しみではないでしょうか。